クライアントとのコラボレーション法

会議のスムーズな準備・進行を助けます

 事前の知識:グループ・ファシリテーション手法

 ファシリテーターはクライアントのために、長期的な視点を持って提案を行う必要があります。これは主導陣や協議、計画の変更等に対応することも含まれます。クライアントのチームと共同で会議を創り上げることによって、このような介入のアセスメント、設計、管理の方法を学びます。このコースでは、実践的なスキルやクライアントへのアプローチ法を学び、契約から評価までのプロセスに実際に取り組みます。困難な状況にあるクライアントを支えるファシリテーターのための手法を身に着けます。

 

このコースを通してクライアントとともに働く際に役立つスキルやアプローチ法を身に付け、様々な会議場面で効果的に使えるようになります。

誰のために?

  • 複雑または長期的な介入を必要とするクライアントと仕事をするファシリテーターやコンサルタント
  • グループが長期的な課題に対して解決案を生み出せるよう促進するマネージャー、スーパーバイザーやスタッフ
  • グループと共同で参加プロセスを設計するリーダー

 

このコースはIAF国際ファシリテーターズ協会とICAのToP認定ファシリテーターに必要な能力をカバーしています。

成果

クライアントのニーズを広くカバーした解決策の提案方法を学ぶ

  • クライアントとのコラボレーション関係を築きます
  • 共同パートナーシップを確立します
  • さまざまな形での効果的な会議を設定します
  • グループの創造性を引き出します

 

 会社また所属団体の環境やクライエントのニーズを評価する

  • クライエントの課題や解決策を明らかにします
  • グループの能力に合わせた革新的な手法を用います
  • 協力して取り組むために最適なやり方

 

タスクや製品、役割へのコンセンサスを形成する

  • プロによる境界モデル
  • 契約から評価までのテンプレート
  • ファシリテーターとしてのキャリア形成のために必要なケーススタディー

 

スケジュール

1日目

倫理、価値、ファシリテーションの力

クライアントとの会話や信頼関係

アセスメントと参加型クライアント・アセスメント

クライアントの課題と提案

創造的なクライアントの解決策 

 

2日目

共同ファシリテーション

参加の技術(The Technology of Participation)

イベントの管理や中間目標点の整理

クライアントとの契約

参加型評価

 

マーケティングのアプローチ


取り上げられる主要な手法

様々な計画における重要な手法を学ぶ

  • 参加型クライアント・アセスメント−クライアントが包括的な視点から長期的なニーズを把握する手伝いをします
  • 社会的なプロセスツール−経済的、政治的、文化的な不均衡さを理解します
  • テンプレート- クライアントとの会話、契約、評価

 

それぞれのセッションに含まれるもの:

  • 参加型プロセスのデモンストレーション
  • プロセスがどのように活用されるのかを探ります
  • 実際の例から成功へと導く方法を学びます
  • さまざまな状況への対応について学びます

このコースを申し込む

Contact Us

ICA Japan

4-1-22 2F Soshigaya, Setagaya-ku, Tokyo 157-0072

Telephone 03-3484-5092

Fax 03-3484-1909

email: staff@icajapan.org